お店紹介

帰ってきた キューピッドガールズ
10年前、瞬間的に活躍したアイドルグループ。
2011年、そんな5人が、アイドルとして帰ってきた!
地元商店街の平和と、繁栄のため、
そして、伝統と新しさが交錯するまち・すみだの未来のため、
アイドルと呼ぶにはちょっと歳の行き過ぎた(?)5人組が、
歌い、踊り、戦います!
足のむくみが治らなくなったら、解散!
目指せ、両国国技館デビュー! どすこい
私たち、本気です!
http://qupidgirls.blog..so-net.ne.jp/
都立向島商業高等学校の生徒による踊りと太鼓
都立向島商業高校のダンス部と体操部の生徒さんが、キラキラ会館前で2月14日午後1時、午後2時に(よさこいソーラン、南中ソーランなど)の踊りと太鼓の演舞を披露してくれました! 普段、老人ホームなどを慰問しているそうで、今回、地域との交流と言うことで来ていただきました。ありがとうございました!
沖縄エイサー
6月6日 午後4時、早稲田大学と多摩美術大学の学生サークル(エイサー部)による、太鼓や三線の沖縄独特の楽器や唄を伴って、民族衣装を身にまとった踊り手による勇壮で美麗な楽しい踊り、エイサー(沖縄の民族舞踊)がキラキラ橘商店街において開催されました。京島界隈の人たちに沖縄の魅力や文化に触れていただき、沖縄から来た人々と交流していただきたいそうです。
平成17年6月びっくら市
例年、びっくら市は第2の(金土日)に行われてきましたが、今回、岐阜県美濃中学校の生徒7人が修学旅行の中の1日を、体験学習の場所にキラキラ橘商店街を選んでくれましたので(同校の先生と生徒が当商店街のホームページを見て決めてくれたそうです)より多くのお買い物客を取り込むために1週間早めて3,4,5の金土日に変更しました。生徒達は2人1組で酒販店、和菓子店、おでん種店、下着販売店に午前10時から12時までと午後1時から2時まで交代で店先に立って接客の体験や下町の雰囲気を感じてもらい、当商店街のキラキラ会館前では特産物の美濃和紙製品などを販売して頂きました。
平成23年12月19日 : テレビ朝日の番組「SOFT くりぃむ」にて、下町人情キラキラ橘商店街が取り上げられました。
平成24年5月6日:日本テレビの番組「シュウーイチ」にて中山秀征さんがキラキラ橘を取材したのが取り上げられました。
平成24年5月19日テレビ東京「出没!アド街ック天国」、「墨田区曳舟」でキラキラ橘商店街が取り上げられました。

永井小巻は、下町育ちの31歳。真っ直ぐで、強がりで、思い切りのよさは天下一品。そんな性格からか、ある日ダメ亭主に愛想を尽か し、娘のんちゃんを連れ実家の京島に出戻った。
心機一転、仕事の面接をうけまくるがキャリアも職もない小巻に社会は厳しく、なけなしの貯金も底をつき日々の生活は苦しくなるばかり。そんな小巻の唯一の才能はお弁当作り。娘のために作ったのり弁が大評判になり、遂には自らの力で“安くて美味しい最高のお弁当屋を開く”ことを決意する。
目標に向かって奮闘する小巻だが、現実はそう上手くいかず…。果たして小巻はお弁当屋をオープンし、無事に人生の再スタートをきれるのか?→オフィシャルサイトへ

 

ページ先頭へもどる