お店紹介

御菓子司さがみ庵【食品】
大正13年創業、相模屋商店(餅菓子店)として始まり、現在三代目が「さがみ庵」として営業しています。
商品はこだわりの手造りです。
朝市で販売するお赤飯(朝5時半ごろ〜8時過ぎまで)は遠方から買いに来ていただくほどの人気です。
みたらし、あん、ごまだんご

福島の上新粉「錦」を使用。みたらし、ごまは(モッチリシコシコ)です。
¥90
あんはみたらしの生地を3倍多く搗きあげ、やわらかく仕上げています。
¥110

栗どら焼き

蜜づけした大納言豆を混ぜたこしあんに大栗をのせて、カステラ生地の皮でサンドしました。運が良いと栗が2個入っている品があります。エージレス入りで日持ちは2週間ぐらいです。
¥210

キラキラのかほり

饅頭の生地に刻み柚子をまぜ、こしあんを包み、中心にゆずの一片を入れました。

¥120

業種 和菓子製造販売 すみだぽいんと 可 (売り出し等では不可)
店名 御菓子司 さがみ庵 電子マネー パスモ、スイカ
住所 墨田区京島3−19−4 クレジット -
TEL 03−3611−8185 地方発送 -
FAX 03−3611−8185 ホームページ -
営業時間 朝10時〜夜7時 メールアドレス -
定休日 水曜日、朝市終了後休み クーポン -
売り出し 第4日曜日の朝市、びっくら市 備考 毎月1日はポイント3倍サービス
自転車
昭和30年頃、祖父が買った山口製自転車。(山口自転車の工場は今の八広2丁目にありました) サドルは今では珍しい皮製、フレームには買った当時の包装紙が今でも巻き付いています。
また、京島と改名される前の住所と当時の屋号が書かれています。
今でも現役で使用しているため、消耗部分(タイヤ)は交換しています。

ページ先頭へもどる